平昌2018大会で熱い戦いを繰り広げる選手たちの姿を、大迫力の大型ビジョンで観戦できる「東京2020ライブサイト in 2018」がスタート。

初日の会場となった井の頭恩賜公園(東京)には、子どもから大人まで、とても多くの方々が訪れ、たくさんの笑顔とエールをいただきました。ぜひ、全国の会場で一緒に盛り上がりましょう!

開催情報はこちら
https://tokyo2020.org/jp/special/pyeongchang-to-tokyo/livesites/


アスリートがオフィスを訪れ、大会の成功に向けてTokyo 2020メンバーと交流を深める「東京2020アスリートビジット」 。
今回は車いすテニス男子シングルス世界ランキング8位の眞田卓選手にお話を伺いました。

https://tokyo2020.org/jp/news/notice/20180131-01.html


The venue master plan for the Tokyo 2020 Games is divided into two separate zones: the Heritage Zone which includes several legacy venues from the Tokyo 1964 Games; and the Tokyo Bay Zone which serves as a model for futuristic urban development.
In line with our "Infinite Excitement" concept, the venue plan strives to highlight the wealth of attractions that Tokyo has to offer.
*Please note that the venues featured in this video were those included in the venue plan as of December 2017.


東京2020大会の会場計画を、東京1964大会のレガシーを引き継ぐ「ヘリテッジ・ゾーン」、都市の未来を象徴する「東京ベイゾーン」の2つのゾーンを中心にご紹介します。コンセプトである「Infinite Excitement」(無限の可能性)を、多様で魅力あふれるTOKYOの姿とともに表しています。 
本映像の会場計画は2017年12月時点のものを使用しています。
制作:東京2020組織委員会、東京都


日本を代表するクリエイターやイノベーターの方々が、一丸となってTokyo 2020を盛り上げる「ONE TEAM PROJECT」。
第6弾は、NHK大河ドラマ「西郷どん」の原作者・林真理子さんによるオリジナルエッセイ「オリンポスの祝祭」を、同ドラマで主演を務める鈴木亮平さんが朗読。
その撮影の舞台裏をお見せします。

本編はONE TEAM PROJECT特設ページから
https://participation.tokyo2020.jp/jp/oneteam/


One Team Project is an initiative whereby creators and innovators who represent Japan come together and share their respective visions of Tokyo 2020. This time, renowned actor Ryohei Suzuki recites a specially-crafted account of the Olympic Games Barcelona 1992 by Légion d’Honneur-winning author Mariko Hayashi. Just imagine how festive her experience in lively Barcelona must have been!


日本を代表するクリエイターやイノベーターの方々が、一丸となってTokyo 2020を盛り上げる「ONE TEAM PROJECT」。第6弾は、NHK大河ドラマ「西郷どん」の原作者・林真理子さんによるオリジナルエッセイ「オリンポスの祝祭」を、同ドラマで主演を務める鈴木亮平さんが朗読。

エッセイは、なんと今回のプロジェクトのための書き下ろし。林真理子さんがバルセロナで体験したオリンピックへの想いを綴り、鈴木亮平さんが、日本語、そして得意の英語でエッセイを読み上げます。

ウェブサイトでは、鈴木亮平さんへのインタビューやメイキングムービーも公開中。ぜひ、併せてご覧ください。
ONE TEAM PROJECT
https://participation.tokyo2020.jp/jp/oneteam/


東京2020公式ライセンス商品に、「組市松紋様 折り紙」が登場しました(デザイン:東京2020大会エンブレム作者 野老朝雄氏)。“つながる”をテーマとしたこちらの折り紙、驚くことに、折っていくと端の模様がつながります。
色は2種類をご用意。出来上がりを想像しながら是非お楽しみください。

そのほかの組市松紋様の商品はこちら
https://goo.gl/mz3YpN


日本を代表するクリエイターやイノベーターの方々が、一丸となってTokyo 2020を盛り上げる「ONE TEAM PROJECT」。第5弾は、東京2020大会エンブレムを手掛けた野老朝雄さんと、独自の画法で世界から注目を集める日本画家・松井冬子さんの対談です。芸術家ならではの「色」をテーマとしたお話や、大会エンブレム誕生の秘密など、話題が尽きなかった今回の対談。ぜひ、ご覧ください。

ONE TEAM PROJECT特設サイトではこれまでのシリーズも公開中!
https://participation.tokyo2020.jp/jp/oneteam/


Para-athletes from across the world are taking on the challenge of our Tokyo 2020 Para-athlete 20 Questions and Answers.
This time, we posed questions to Hajime Ujiro who ranked 7th place in Para powerlifting men’s up to 75kg event at the London 2012 Games, and during our interview we were able to see a side of Hajime that we don’t normally see when he is competing.

TOKYO 2020 Para Athletes 20 Questions & Answers
https://tokyo2020.jp/en/special/20q20a/


Para-athletes from across the world are taking on the challenge of our Tokyo 2020 Para-athlete 20 Questions and Answers.
This time round, we talked to Siamand Rahman, gold medallist in Para powerlifting men’s over 100kg event at the London 2012 Games and men’s over 107kg event at the Rio 2016 Games, and during our interview we were able to see a side of Rahman that we don’t normally see when he is competing.

TOKYO 2020 Para Athletes 20 Questions & Answers
https://tokyo2020.jp/en/special/20q20a/


アスリートがオフィスを訪れ、大会の成功に向けてTokyo 2020メンバーと交流を深める「東京2020アスリートビジット」 。
今回は、5月に開催された「ISA世界選手権フランス大会」で7位に入賞するなど、数々の輝かしい実績を収めているサーフィンの大村奈央選手にお話を伺いました。

東京2020大会でサーフィンが追加競技となったことを「夢が実現した」と語る大村選手。自然と対峙する競技ならではの魅力や競技を楽しむコツなど、多くのことを語っていただきました。
https://tokyo2020.jp/jp/news/notice/20171121-03.html


Para athletes from across the world are taking on the challenge of our Tokyo 2020 Para athlete 20 Questions and Answers. To mark the inclusion of Para badminton in the Paralympic programme for the Tokyo 2020 Games, in this edition of our Tokyo 2020 Para athlete Q&A session, we spoke to Para badminton player Ayako Suzuki.

Ayako Suzuki has competed at numerous international Para badminton tournaments including the BWF Para-Badminton World Championships held in South Korea in November 2017. During our interview we were able to see a side of Ayako that we don’t normally see when she is competing.

You can also watch an interview with Suzuki’s main rival Chinese Para badminton player, Yang Qiuxia here. Don’t miss the match-up whenever these two leading players are drawn to play against each other!
https://tokyo2020.jp/en/special/20q20a/


「国内外の注目パラアスリートが、20問20答インタビューに挑戦する「TOKYO 2020 パラアスリート 20 Questions & Answers」。 
今回は、東京2020パラリンピック競技大会で初めて正式競技となる、バドミントンの鈴木亜弥子選手(2017年世界選手権大会優勝)にインタビュー。普段見ることができない素顔に迫りました。
良きライバル関係である、楊秋霞選手のインタビューもこちらからご覧いただき、今後の2人の対決にぜひご注目ください。
https://tokyo2020.jp/jp/special/20q20a/


Para athletes from across the world are taking on the challenge of our Tokyo 2020 Para athlete 20 Questions and Answers. To mark the inclusion of Para badminton in the Paralympic programme for the Tokyo 2020 Games, in this edition of our Tokyo 2020 Para athlete Q&A session, we spoke to Para badminton player Yang Qiuxia.

Yang Qiuxia has competed at numerous international Para badminton tournaments including the BWF Para-Badminton World Championships held in South Korea in November 2017. During our interview we were able to see a side of Yang that we don’t normally see when she is competing.

You can also watch an interview with Yang’s main rival Japanese Para badminton player, Ayako Suzuki here. Don’t miss the match-up whenever these two leading players are drawn to play against each other!
https://tokyo2020.jp/en/special/20q20a/