あれから7年。

2018年7月、多くの方の尽力により、Jヴィレッジは本来の目的であるサッカーのトレーニング施設としての営業を再開しました。私たち公益財団法人東京オリンピック・パラリンピック組織委員会(東京2020組織委員会)は、見事に復活を遂げたJヴィレッジにゆかりのある方にお話をお伺いすることで、スポーツが人々に与える勇気と力を知り、東京2020大会の一部競技を被災地で開催することが復興に向けたアクションの1つにつながるのではないかと考え、2人の方にインタビューを行いました。

2番目にご紹介するのは、株式会社Jヴィレッジで管理課長を務める山内正人さん。山内さんは、Jヴィレッジ開業間もない1999年から勤務されており、東日本大震災で原発事故の対応拠点となってからも、Jヴィレッジの再開に向けて尽力されました。
2018年7月28日にJヴィレッジが再始動を迎えるにあたって、スポーツが被災地に与える力、東京2020大会への期待などをお伺いしました。

------------------------------------------------------------------------------------
インタビューテキスト版
https://tokyo2020.org/jp/news/notice/20180831-01.html
------------------------------------------------------------------------------------
関連インタビュー:
なでしこジャパン(サッカー日本女子代表)高倉麻子監督
「故郷福島と再始動するJヴィレッジへの思い。」
https://youtu.be/AjcQ3PCirsM
------------------------------------------------------------------------------------



Seven years from then, the J-Village has undergone a remarkable recovery and resumed its operation as a football training facility since July 2018.
we speak to two people who have special affinity to the region and the facility to find out more.. The Tokyo Organising Committee of the Olympic and Paralympic Games (Tokyo 2020) interviewed two persons who have a special connection with J-Village to learn how sport can give people the power and courage to move forward. Tokyo 2020 believes that bringing part of the Games to the areas affected by the earthquake and tsunami will help contribute to the restoration efforts.

In our second interview features Mr Masato Yamauchi, director for management of J-Village. Mr Yamauchi has worked at J-Village since 1999, soon after the facility opened its doors, and after J-Village became a crisis response centre for the nuclear power plant accident, he devoted his efforts to restoring the facility and reopening the training centre. On the occasion of the reopening of J-Village on 28 July 2018, we asked Mr Yamauchi to tell us about the impact of sports on the disaster-affected areas and his expectations toward the Tokyo 2020 Games.

------------------------------------------------------------------------------------
Text Version
https://tokyo2020.org/en/news/notice/20180831-01.html
------------------------------------------------------------------------------------
Related interview
An interview with Asako Takakura, head coach of Nadeshiko Japan Thought for her native Fukushima and the revival of the J-Village national football centre
https://youtu.be/UaccwLmkb6c
------------------------------------------------------------------------------------



Seven years from then, the J-Village has undergone a remarkable recovery and resumed its operation as a football training facility since July 2018.

we speak to two people who have special affinity to the region and the facility to find out more.
In our first interview, we spoke to Asako Takakura, member of the Tokyo 2020 Athletes' Commission and the head coach of the Japanese women's national football team, affectionately known throughout Japan as Nadeshiko Japan. Takakura hails from Fukushima City, and was a member of Japan's women's football team at the Atlanta 1996 Games. After retiring as a player, she began her coaching career as the coach of the national under-20 women's football team. During that period, she had had a plenty of experience of working at the J-Village facility where the team used to train. She currently coaches the national women's football team having high expectations for the Olympic games Tokyo 2020.


------------------------------------------------------------------------------------
Text Version
https://tokyo2020.org/en/news/notice/20180830-02.html
------------------------------------------------------------------------------------
Related interview
The Olympic and Paralympic Games Tokyo 2020 plays a crucial role in the reopening of J-Village
https://youtu.be/-0ePwOYWMOw
------------------------------------------------------------------------------------



あれから7年。

2018年7月、多くの方の尽力により、Jヴィレッジは本来の目的であるサッカーのトレーニング施設としての営業を再開しました。私たち公益社団法人東京オリンピック・パラリンピック組織委員会(東京2020組織委員会)は、見事に復活を遂げたJヴィレッジにゆかりのある方にお話をお伺いすることで、スポーツが人々に与える勇気と力を知り、東京2020大会の一部競技を被災地で開催することが復興に向けたアクションの1つにつながるのではないかと考え、2人の方にインタビューを行いました。

最初にご紹介するのは、東京2020組織委員会アスリート委員で、なでしこジャパン(サッカー日本女子代表)の高倉麻子監督。高倉監督は福島県福島市出身で、選手としてアトランタ1996大会に出場。現役引退後はアンダー世代の監督として活躍され、Jヴィレッジでの活動も経験。現在は女子フル代表の監督として、東京2020大会での活躍が期待されます。

------------------------------------------------------------------------------------
インタビューテキスト版
https://tokyo2020.org/jp/news/notice/20180830-02.html
------------------------------------------------------------------------------------
関連インタビュー:
株式会社Jヴィレッジ管理課長 山内正人さんインタビュー
「東京2020大会招致決定がJヴィレッジ再開の機運を高めてくれた。」
https://youtu.be/0zyI5wKG_Q4
------------------------------------------------------------------------------------


開催期間:8月16日(木)~8月19日(日)
オープニングセレモニーでは、オリンピアンの室伏広治さんと平野早矢香さん、大場美和選手(スポーツクライミング)、渡邊剛選手(卓球 パラリンピック)が登場。


全国の小学生による投票で決定した東京 2020 マスコットのネーミングの発表を行い、東京2020マスコットが隅田川から東京湾をめぐる水上パレードの模様を中継いたします。

Tokyo 2020 mascots enjoy their river cruise!


2018年7月22日(日)にデビューしたミライトワとソメイティ。
さっそく瞬間移動の超能力を使って、さまざまなところに登場!
東京ミッドタウン日比谷で開かれたデビューイベントや東京2020マスコットハウスのオープニングセレモニー、浅草~お台場までの水上パレードなど、デビュー1日目の様子です。

撮影機材:Panasonic AU-EVA1

The unforgettable day for Miraitowa and Someity. Their journey to the Olympic and Paralympic Games have just begun!


マスコットたちの誕生ムービーです。
📣It's official! The name of the Tokyo 2020 Olympic Games mascot is #MIRAITOWA and #SOMEITY as the Tokyo 2020 Paralympic Games mascot! Comment down below and Say Hi to our official mascots!


観客の皆さんへのメッセージを、金メダリスト北島康介さんのナレーションでお届けします。 キャンペーンサイト https://goo.gl/KcTm3r




東京2020では、2020年4月から大会に向けた機運を最大化し、国内外へ日本の様々な文化をPRするため、「東京2020 NIPPONフェスティバル」を開催します。
このフェスティバルでは、「多様」な方々が参画でき、「革新」的で「卓越」した、「歴史に残る」文化プログラムを全国各地で実施することを目指しています。
2020年には、全員が文化日本代表となって、祝祭感あふれるプログラムをオールジャパンで展開し、世界を驚かせましょう!


「2 Years to Go ! 開催まであと 2 年!」期間中には、2 年前カウントダウンイベントや、マスコット、ボランティア、TOKYO 2020 ID 登録キャンペーンなどのイベントを予定しています。
詳しくは2 年前特設サイトから
https://tokyo2020.org/jp/special/2yearstogo/


「東京五輪音頭-2020-」を車いすの方にも一緒に楽しんでいただけるように、車いすバージョンの振り付けとなります。車いすならではの振り付けもあります。皆さんで1つの輪になって踊ってみてください。

To enable wheelchair users to join in the fun, a wheelchair version of the dance for the Tokyo Olympic Song – 2020 has also been created. This allows wheelchair users to join the circle of dancers as well as the fun.
*The projected image of the Tokyo Gorin Ondo dance is inverted.
*Please access English subtitles through the Closed Captioning (CC) button on the bottom right of the screen


「東京五輪音頭-2020-」の振り付けレクチャームービーです。
はじめてでも踊りやすい、ゆったりとした踊りが特徴です。踊りを覚えて、優雅にゆうゆう踊ってみてください!
This is a video showing the moves for the basic tempo version of "Tokyo Gorin Ondo 2020" dance.
This version features relatively slower moves that are easy to follow even for beginners.Master the dance and show off your graceful moves!
*The projected image of the Tokyo Gorin Ondo dance is inverted.
*Please access English subtitles through the Closed Captioning (CC) button on the bottom right of the screen.